つまる可能性を減らす

Pocket

トイレつまりが起こらないために予防する方法はトイレには排泄物、トイレットペーパー以外は流さない事です。それ以外の物を流すとトイレつまりが起こる可能性があるのです。
異物をトイレに流してしまう原因としては意図的でないものも多く関係してきます。トラブルや不注意でトイレに落ちて流してしまう時があるのでそれが起こる可能性を一つ一つ消していくことが大事です。
トイレ周りに道具を置いている方は沢山いますが、トイレのタンクのスペースに物をティッシュペーパーやトイレ用クリーナー、コップや石鹸等生活用品が置いてあるだけでトイレつまりに繋がる可能性は非常に高まります。
地震等による揺れで下に落ちることやその物を使う時に手を滑らすなど、ちょっとした不注意や自分の力じゃどうしようもできないことで便器の中に物が入ってしまうことがあります。
置き場所がなくてそこに置くのが一番都合よいのかもしれませんが、別に置き場所を作る等して落ちる危険性を減らしましょう。

トイレで排泄物を流す時に大と小がありますが、大は便を流す時に使います。節水目的で大便を小で流す、タンクの中にペットボトルをいれる等、水量を減らすとトイレつまりの原因になるのでやめましょう。

気分が悪くなりトイレで吐瀉物を出してしまう時がある時に注意すべきことですが、吐瀉物は油分が多いのでいつもより多く流してください。全部は難しいですが何回も流して油分を多く流さないとトイレつまりの原因になります。

関連情報〈トイレつまり情報・・・ライフサポート
トイレがつまる原因や解決方法を紹介しているサイトです。