つまり解消と予防

Pocket

トイレつまりの予防をしてもつまってしまう時はあるでしょう。その際解消法としてはラバーカップを使用してつまりを解消させる方法が一番知られています。ラバーカップの使用方法は排水溝の隙間ができないようにラバーカップを押して引き上げる行為を排水溝口に水が流れるまで繰り返します
それだけでは解消されないつまりの場合は業者を呼ぶしかありません。異物を便器中に入れないようにトイレの蓋を常に閉めたり、トイレに持ち込まないようにして予防しましょう。

つまりの原因が固形物でない場合はそれ以外の解消法があります。溶かす方法を用いてみましょう。つまったものがトイレットペーパーで量が多くて溶けるまで時間がかかる場合にはお湯を使いましょう。
高温すぎるお湯ですとパイプが悪くなってしまう可能性があるので目安として50℃までにしてください。配管に尿石が溜まってつまった場合は尿石除去剤を使って対処しましょう。普段からこまめに掃除をすることで尿石がつくことを防ぐことができます。普段の掃除にはクエン酸を使うといいでしょう。
大量にトイレットペーパーを流したり節水しすぎないようにもしましょう。

つまりの原因や解消法は非常に身近なものです。解消法に関しても家庭にあるものやすぐ手に入るもので解消される場合もありますが、同時につまる原因も身近なものです。解消できないつまりが発生して結局業者さんを呼んでしまうと思わぬ出費が発生します。まずはつまることの無いように異物を流さないことや過度な節水をしない等予防を徹底しましょう。

つまる可能性を減らす

Pocket

トイレつまりが起こらないために予防する方法はトイレには排泄物、トイレットペーパー以外は流さない事です。それ以外の物を流すとトイレつまりが起こる可能性があるのです。
異物をトイレに流してしまう原因としては意図的でないものも多く関係してきます。トラブルや不注意でトイレに落ちて流してしまう時があるのでそれが起こる可能性を一つ一つ消していくことが大事です。
トイレ周りに道具を置いている方は沢山いますが、トイレのタンクのスペースに物をティッシュペーパーやトイレ用クリーナー、コップや石鹸等生活用品が置いてあるだけでトイレつまりに繋がる可能性は非常に高まります。
地震等による揺れで下に落ちることやその物を使う時に手を滑らすなど、ちょっとした不注意や自分の力じゃどうしようもできないことで便器の中に物が入ってしまうことがあります。
置き場所がなくてそこに置くのが一番都合よいのかもしれませんが、別に置き場所を作る等して落ちる危険性を減らしましょう。

トイレで排泄物を流す時に大と小がありますが、大は便を流す時に使います。節水目的で大便を小で流す、タンクの中にペットボトルをいれる等、水量を減らすとトイレつまりの原因になるのでやめましょう。

気分が悪くなりトイレで吐瀉物を出してしまう時がある時に注意すべきことですが、吐瀉物は油分が多いのでいつもより多く流してください。全部は難しいですが何回も流して油分を多く流さないとトイレつまりの原因になります。

関連情報〈トイレつまり情報・・・ライフサポート
トイレがつまる原因や解決方法を紹介しているサイトです。

トイレつまりの原因

Pocket

トイレがつまってしまった場合、それを直すために業者を呼んだりお金を払ったりして体力的にも金銭的にも辛いものがあります。トイレがつまった時に何が原因でつまったのか気になりますが、基本的にトイレつまりの原因はトイレに流してはいけないものを流していることが原因です。
多いのがティッシュペーパーです。よくトイレットペーパーと似ているし、固形物ではないからつまらないだろうと思って流すケースが多いのですがティッシュペーパーは水に溶けないので、複数枚流してしまった場合つまる原因になります。ティッシュペーパーは水に一時間以上浸けていても一切溶けないので、複数枚流してしまうと固形物を流すのと同じという認識でいた方が良いでしょう。

異物は勿論ですが、トイレットペーパーでもつまってしまうことがあります。大量にトイレットペーパーを流してしまうと一度では流しきれないことがあり、つまりの原因にもなりますのでなるべく控えましょう。
トイレットペーパーはティッシュと違い水に溶けるので仮につまってしまった場合でも時間が経てば溶けます。ダブルよりもシングルが溶けやすいので、つまるのが心配な方は変えてみると良いでしょう。

トイレつまりの原因を挙げていくと、子供の悪戯や不注意で物を落としてしまったり等様々あるのですが、意外と知られてなかったりすることがあります。当サイトではトイレつまりの原因を元にトイレつまり予防法について紹介します。